Home > 見どころ > 蹴上・岡崎エリア観光案内

見どころ

蹴上・岡崎エリア観光案内

無鄰菴

無鄰菴 無鄰菴 無鄰菴

無鄰菴は、明治27年(1894年)~29年(1896年)に造営された明治の元勲山縣有朋の別荘で、庭園は七代目小川治兵衛により作庭されました。
昭和26年(1951年)に国の名勝に指定され、洋館の2階には、伊藤博文らと山縣有朋が日露開戦に向けて話し合った「無鄰菴会議」に使われた部屋が残され、当時の様子を今に伝えています。
お庭に180度ひらけたパノラマがひっそりと静かに楽しめる母屋では、庭園カフェを行っています。南禅寺界隈別荘群の中で唯一通年公開している近代日本庭園の傑作です。

無鄰菴